子育て

オリンピックで子どもの興味関心を刺激しよう

東京オリンピックが始まりました。

コロナの懸念もありややゴタゴタした状態での開催となりましたが、選手の方が真剣に取り組むでいる姿を見ると応援したくなりますね。

さて、そんなオリンピックを子育てという視点で見てみたいと思います。

私もそうですが子どもたちにとっても日本で開催されている初めてのオリンピック。

うちの子は今3歳なのでオリンピック自体も初めてですね。そうするとこんなにもたくさんの競技をテレビで見る機会も初めてということになります。

ありさん
ありさん
私も初めて見る競技がいくつもありました

オリンピックは子どもの興味関心を刺激する絶好の機会とも言えますね。

オリンピックでは初めて知る競技も多い

今回が東京での開催ということで今までオリンピックをそんなに見てこなかったという人でも今年は見ているという人が多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

開会式でも50種目のピクトグラムが話題になりましたが、知らない競技たくさんありました。

子どもにとっても初めて見る競技がたくさんありますね。

たくさんの選択肢を子どもに見せることができる

日常の中では身の回りにあることにしか触れさせてあげることができません。

例えばスポーツでも野球やサッカーなどは目にする機会も多くありますが、今回のオリンピックにもあるようなスケボーやサーフィン、乗馬、カヌーなんかは意図しないと触れられません。

生活環境や親の思考にもよりますが子どもたちにとっては実は選択肢があまり多くないのではないかと思います。

オリンピックを見ていると普段なかなか目にしない競技も子どもに見せてあげることができます。

興味を示すかどうかはわかりませんが、こんなこともできるんだよという選択肢を与えてあげると子どもの世界を広げてあげることに繋がっていきますね。

たくさんの経験をさせるチャンスが生まれる

オリンピックを見て競技に少しでも興味を示せば実際にやらせてあげることもできます。

楽しめるかどうかは別として様々な経験をさせてあげるきっかけになりますよね。

うちでも時間があるときはオリンピックを見せて子どもがどんな反応するか見ていますが、もしやってみたいと言えば調べてみる価値は大いにあると思います。

経験はやっておいて損をすることはないのでやりたいと思ったことにはどんどんチャレンジさせてあげたいですね。

ありさん
ありさん
残念ながらうちの子はまだ何にも興味を示していません

世界の国や地域を知るきっかけになる

ちょっと教育的な視点も一つ。

今回の東京オリンピックには200を超える国と地域から参加しているそうです。

これって、世界を知るきっかけになりませんか?

本業でやっている学習塾では中学生でも世界の国を知らない生徒がいます。(アメリカやイギリスの場所がわからない)

これからはグローバルな時代でもあるので世界には様々な国があることや文化や言語の違いをオリンピックをきっかけに知っておくのもいいことかと。

少し踏み込める子はその国の位置や特徴を加えてあげると学習効果も感じられるかもしれません。

何にせよ興味を持つ、知るということが大事なのでそのきっかけの一つとしてオリンピックを使ってみるといいと思いますよ。

興味関心を刺激するには親のちょっとした働きかけが必要になる

見ることで色々メリットがありそうなオリンピックですがただぼ~っと見てるだけではあまり効果がありません。

親のちょっとした働きかけが必要です。

簡単に言えば親自身もオリンピックに興味を持ったり、競技を真剣に見てみたり、それについて子どもと話してみることです。

子どもたちは親の姿をよく見ているので子どもたちにやってほしい姿を見せてあげましょう。

オリンピックで子どもの世界を広げてあげよう

子どもたちは家庭や幼稚園、学校といった比較的狭い世界で日々過ごしています。

オリンピックはその狭い世界をグッと広げてくれる役割を果たしてくれるでしょう。

子どもの将来は子ども自身で決めていくものですが、選択肢を広げてあげたり様々な経験をさせてあげるのは親としてできることだと思います。

今回はオリンピックというイベントがその役割になりますが、それ以外にも子どもの世界を広げてあげることができる機会はたくさんあります。

そういうことにアンテナを貼り少しだけ子どもを誘導してあげることで色々なことに興味関心を持てる子に成長するのではと思います。

ありさん
ありさん
子どもの世界はどこまでも広がっていく
ABOUT ME
ありさん
都内で学習塾の運営に携わっています。仕事上の経験をもとに子育てしています。 2023年、国立小学校に挑戦予定。 小学校受験の情報も書いてます。