小学校受験

小学校受験に向けての戦略を考えてみる【戦略のない受験はうまくいかない】

小学校受験に限らず中学・高校・大学受験においても戦略を考えて取り組むことは非常に大切です。

戦略なしの何となくの対策は対策とは呼べず、結果として中途半端になりやすい傾向にあります。

せっかく受験をするならしっかり戦略を考えて合格を掴み取ったり成長を促すことは親としてよく考えなければなりません。

今回の記事では小学校受験に向けての各年齢別の戦略を考えてまとめていきます。

各年齢でどんな力が必要なのか、どんな対策が必要なのかこれからの受験戦略を考える1つの参考にしてみてください。

都内で学習塾の運営に携わっています。小学校受験は専門ではありませんが、子どもの教育を考えて2023年の小学校受験を目指しています。

小学校受験に向けての戦略

受験戦略Wokandapix / Pixabay

小学校受験を考え始めたり準備を始めたりするのは年中ごろからというご家庭が多いと言われていますが早いに越したことはありません。

子どもが小さいうちは確かにしっかりとした対策はできないかもしれませんが、普段からお受験を意識して生活するのと意識しないのとでは変わりますよね。

幸い私たちは3歳ごろから本格的に意識しているので周りよりは少し早いのかなぁと思っています。

ただ早かったとしても結果はどうなるかわかりません。なので、しっかりと戦略を考えて対策を行なっていく必要があります。

年少以下(3歳ごろ)

年少以下でできる事は限られてきますが意識して生活や行動をすることはできます。

この時期は小学校受験の勉強と言うよりかは一つ一つの生活を丁寧にマナーや常識、身の回りのことをちゃんと教えてあげることが大切です。

実際にうちでどんなことを行なってきたかは小学校受験に向けて!幼稚園入園までに取り組みたい5つのコトという記事にまとめていますので参考にしてみてください。

また、無理のない範囲で少しずつ勉強も始めていきます。数や形、大きさなど概念的な理解や運筆などは今後対策を行なう上で土台となるのでこの時期から少しずつ進めていきたい内容です。

幼児教育どうしてる?就学前に身に付けておきたい10の基礎概念と進め方幼児教育どう進めていますか? 色や形、数字などこれから生きていく上で必要な知識を子どもに教えていく幼児教育。 やるべきことは...
2歳から始める運筆力強化!子どもの学習の土台を作るための方法運筆力を意識していますか? 幼児教育を行うときに数や形、言葉などを頑張っている人は多くいますが運筆力に力を入れている人は意外と少な...

 

年少(3〜4歳)

子ども 力jarmoluk / Pixabay

この時期からは徐々に本格的な対策に入っていく予定です。年少とは幼稚園入学から11月までの間を指すので実質7ヶ月ぐらいしかありません。

この間はまずは幼稚園に慣れることが第一優先です。

やっぱり初めて過ごす集団となるので子どもなりに緊張やストレスがあると思いますし人間関係を学べる大切な場でもあるのでそこに負担をかけないようにする必要があります。

その上で小学校受験に向けて取り組みたいことはこちらです。

  • 通信教材で受験対策のスタート
  • 市販教材で受験対策のスタート
  • 運動能力の向上

受験対策をスタートしていくことと合わせて過ごしやすい気候のため積極的に体を動かしていこうかと思います。

勉強系の対策に関しては通信教材のカリキュラムに則って市販教材で演習、補強していくイメージでいます。

目標としては年中から幼児教室などに入ったときにしっかり付いていける状態です。

幼稚園が始まり元々の習い事もあり結構忙しい時期になると思いますがゴールを定めて進めていこうと思います。

小学校受験対策に使える!おすすめの無料プリント学習サイト4選小学校受験の対策として無料でダウンロードできるプリント教材を活用できないか考えている人もいるかと思います。 私もその1人で、今まさ...

年中(4〜5歳)

一般的には本格的なお受験対策は年中スタートと言われています。年齢的には年少の11月〜年中の11月を指す時期です。

幼児教室での対策もスタートする時期なのでそれを意識してこちらも準備を進めていきたいところ。

うちの方針としては小学校受験専門教室は最小限の利用しかしない考えです。やっぱりお金もかかりますしね。

なのでその代わりしっかりと情報を入手して家でできることを実践していきます。

この時期はペーパーテスト対策やお話の記憶など小学校受験定番の問題に取り組む時間を捻出していきたいと思います。

年少の時と同じく通信教材や市販教材を継続していきながら過去問を参考に傾向に合う対策を進めていきます。

作製系の対策もこの時期にスタートしておきたいですね。ただ子どもの成長は全く読めないので年少までの状況を踏まえつつ臨機応変に対応する必要がありそうです。

年長(5〜6歳)

さあ、いよいよお受験をする年齢です。この年齢が年中の11月〜年長の11月になります。

この時期ではお受験教室の力も借りながら準備になると思います。お家での学習もより実践的になります。

あまり具体的な対策方法は正直わかりませんが過去問を含めて情報をしっかり入手して取り組んでいきましょう。

戦略ありきの受験対策を!

親子sasint / Pixabay

後半はまだ不確定要素が多く戦略と呼べるか怪しいものもありますがゴールを定めて常に考えておくことが大切になります。

近年の受験(中学や高校入試も含めて)は対策せずに受かるような簡単なものではなく、また制度の多様化によって情報をしっかり入手しておかなければならないのが現状です。

小学校受験はその性質上どうしても情報が少なく不確定な部分が多いでますが他の方の取り組み方なども参考にしながら進めていければと思います。

各ご家庭で状況によって取り組み方、戦略は変わってくると思います。この記事がどのように対策していくかの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
ありさん
都内で学習塾の運営に携わっています。仕事上の経験をもとに子育てしています。 2023年、国立小学校に挑戦予定。 小学校受験の情報も書いてます。