教育

都内の国立小学校に学区はあるの?お受験の準備は通える範囲の確認を!

都内の国立小学校へのお受験を考えるにあたってまず確認しておかなければならないのが『学区』です。いざお受験をしようと思っても学区外であればそもそも受験することすらできません。

都内には6つの国立小学校があります。

  • 筑波大附属小学校
  • お茶の水女子大学附属小学校
  • 東京学芸大学附属竹早小学校
  • 東京学芸大学附属世田谷小学校
  • 東京学芸大学附属大泉小学校
  • 東京学芸大学附属小金井小学校

これら6つの小学校の学区と併願の方法についてまとめました。都内の小学校受験に向けての準備の参考としてご覧ください。

都内国立小学校の学区域を確認しよう

小学生NeiFo / Pixabay

都内の6つの国立小学校ではそれぞれに学区が決められています。基本的には自宅から1時間以内で通える範囲が目安になりますが、学校によっては少し細かく決められているところもあります。

学区の把握することで受験できるかどうかや併願が可能かどうかが変わってくるので小学校受験の準備段階でまず確認しておきましょう。

筑波大学附属小学校の学区

文京区にある筑波大学附属小学校。丸の内線茗荷谷駅から徒歩8分のところにあります。

筑波大付属の学区は意外と広く、次のように定められています。

東京23区、西東京市、埼玉県和光市

西東京市と埼玉の和光市が入っているのがポイントです。23区はまるまる学区に入っています。都内の国立小学校の中では一番学区が広くなっています。

お茶の水女子大学附属小学校の学区

お茶の水附属小も文京区にあり、筑波大附属小とは茗荷谷駅をはさんで反対側にあります。

お茶の水女子大学附属小学校の学区はシンプルにこのようになっています。

東京23区

ちなみにお茶の水女子大学附属は女子校のイメージが強いですが、小学校・中学校は共学となっています。男の子でもお受験はできるので候補から除外しないように注意しましょう。

※高校からは女子校なので外部受験が必要です。

東京学芸大学附属竹早小学校の学区

東京学芸大学附属竹早小学校も文京区。そして最寄りは茗荷谷。

こちらも学区はシンプルです。

東京23区

筑波大附属、お茶の水大附属、そして竹早小学校は立地がとても近いので併願受験などで3校とも受験をする方が多いそうです。

倍率が超高倍率なのもこの立地と併願の影響なんでしょうか。

東京学芸大学附属世田谷小学校の学区

世田谷区にある東京学芸大学附属世田谷小学校はHPを見ると学区が非常に細かく制限されています。あまり土地勘がないので実際にどのあたりまでなのかはわかりませんが、世田谷小学校のお受験を考えるなら目を通しておいた方がよさそうです。

〈世田谷区〉

池尻 [1/2/3/4] 丁目、梅丘 [1/2/3] 丁目、大蔵 [1/2/3/4] 丁目
岡本 [1/2/3] 丁目、奥沢 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目、尾山台 [1/2/3] 丁目
鎌田 [ 3 ] 丁目、上馬 [1/2/3/4/5] 丁目、上野毛 [1/2/3/4] 丁目
上用賀 [1/2/3/4/5/6] 丁目、砧 [1/2/3/4/5/6] 丁目、砧公園
経堂 [1/4/5] 丁目、豪徳寺 [1/2] 丁目、駒沢 [1/2/3/4/5] 丁目、駒沢公園
桜 [1/2/3] 丁目、桜丘 [1/2/3/4/5] 丁目、桜新町 [1/2] 丁目
三軒茶屋 [1/2] 丁目、下馬 [1/2/3/4/5/6] 丁目、新町 [1/2/3] 丁目
瀬田 [1/2/3/4/5] 丁目、世田谷 [1/2/3/4] 丁目
太子堂 [1/2/3/4/5] 丁目、代沢 [ 4 ] 丁目、代田 [1/3] 丁目
玉川 [1/2/3/4] 丁目、玉川台 [1/2] 丁目、玉川田園調布 [1/2] 丁目
玉堤 [1/2] 丁目、弦巻 [1/2/3/4/5] 丁目
等々力 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目、中町 [1/2/3/4/5] 丁目
野毛 [1/2/3] 丁目、野沢 [1/2/3/4] 丁目、東玉川 [1/2] 丁目
深沢 [1/2/3/4/5/6/7/8] 丁目、船橋 [ 1 ] 丁目、三宿 [1/2] 丁目
宮坂 [1/2] 丁目、用賀 [1/2/3/4] 丁目、若林 [1/2/3/4/5] 丁目

〈目黒区〉

大岡山 [1/2] 丁目、大橋 [1/2] 丁目、柿の木坂 [1/2/3] 丁目
上目黒 [2/3/4/5] 丁目、五本木 [1/2/3] 丁目
下目黒 [3/4/5/6] 丁目、自由が丘 [1/2/3] 丁目、洗足 [1/2] 丁目
平町 [1/2] 丁目、鷹番 [1/2/3] 丁目、中央町 [1/2] 丁目
中根 [1/2] 丁目、中町 [1/2] 丁目、中目黒 [3/4/5] 丁目
原町 [1/2] 丁目、東が丘 [1/2] 丁目、東山 [1/2/3] 丁目
碑文谷 [1/2/3/4/5/6] 丁目、緑が丘 [1/2/3] 丁目
南 [1/2/3] 丁目、目黒 [3/4] 丁目、目黒本町 [1/2/3/4/5/6] 丁目
八雲 [1/2/3/4/5] 丁目、祐天寺 [1/2] 丁目

〈大田区〉

石川町 [1/2] 丁目、北千束 [1/2/3] 丁目、田園調布 [1/2/3/4/5] 丁目
南千束 [1/2/3] 丁目、雪谷大塚町

東京学芸大学附属世田谷小学校の学区は世田谷区・目黒区・大田区の3区にまたがっています。それぞれ区内全域ではないみたいなので住んでいる区だけで判断することができません。

世田谷小へのお受験を検討している方はよく確認しておきましょう。

東京学芸大学附属大泉小学校の学区

練馬区にある東京学芸大学附属大泉小学校では学区が場所ではなく通学時間で制限されています。最寄り駅と自宅でどのぐらいかかるかにも寄ってくるのでギリギリの場所に住んでいる方はよく確認して場合によっては学校に問い合わせてみる必要もありそうです。

徒歩または公共交通機関を使って,自宅から本校まで片道40分以内で通学できる地域

〈計算方法〉
通学時間は、最も安全なルートで、登校時間帯(平日午前8時頃に学校着の時間帯)に、乗り換えや改札通過にかかる時間も含めて、児童の歩速(分速 60m)でかかる実質的な時間で計算します。
駅改札通過は最低でも1分とします。電車←→バス、バス←→バスの乗り換えは、最低でも5分と計算します。(バスは交通状況により、待ち時間が長くなることもあるため。駅とバス停が離れているときなど、乗換時間は更に大きく計算することもあります。)
駅・バス停からご自宅までの徒歩時間は、駅出口・バス停からご自宅(マンションは入口)までの道のり(距離)を、分速 60 mで計算して所要時間をわりだします。
それらすべてのかかる時間の合計が40分以内です。

東京学芸大学附属大泉小学校HPより

大まかに40分以内とかではなくかなり厳密に40分以内の計算がされています。上の説明を見ただけでは正直難しいですね(笑)

電車の時間だけで30分以上かかるようなら自宅と最寄り駅までの距離も関わってくるので要注意です。

東京学芸大学附属小金井小学校の学区

小金井市にある東京学芸大学附属小金井小学校

学区の定め方は大泉小学校と同じような感じですが、少し緩い感じになっています。ただ長時間の通学は子どもの負担になる旨が表記されているので学区だけで判断してはいけません。

東京都内の通学時間が40分以内の地域を一部含む町全体

【全域対象】

昭島市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 立川市 調布市
西東京市 東久留米市 東村山市 日野市 府中市 三鷹市 武蔵野市
杉並区 中野区

【対象の町名による】

稲城市 清瀬市 八王子市 東大和市 福生市    世田谷区 練馬区 新宿区

細かい時間での制限はされていないですが、同じ市区でも町名によって対象かどうかが変わってくるので注意が必要です。

都内の国立小学校の併願は可能なのか

併願Free-Photos / Pixabay

都内の国立小学校は一つ一つが超高倍率となっているのでお受験を検討している方は併願も合わせて考えると思います。

都内の国立小学校の併願は可能ですが、上記の学区以外にも以下の点で注意が必要です。

筑波・お茶の水・竹早の超高倍率は避けられない

23区に住んでいるなら筑波・お茶の水・竹早・世田谷が候補に入ってきます(一部の地域では大泉・小金井も可)。これらの小学校の併願は可能です。(竹早・世田谷・大泉・小金井は同じ東京学芸大学の附属校なので不可)

特に筑波・お茶の水・竹早は立地も近いことから併願で受験をする人が大勢います。そこで起こるのがこの3校の超高倍率化です。

これは国立小学校を受験するに当たっては避けては通れない問題なのでお受験する場合、併願する場合は覚悟して受け入れましょう。

【最新】都内国立小学校の倍率調査!超高倍率の50倍越えをどう見るか 毎年“超”高倍率で話題となる都内国立小学校の受験。 入学を考えているご家庭にとっては避けては通れない関門ですよね。 我が...

東京学芸大学附属系列の併願は不可

竹早・世田谷・大泉・小金井の4校はともに東京学芸大学の附属です。

したがって同じ系列での併願はできなくなっています。

竹早を除く3校は学区もかなり限定されているので住んでいる地域によっては併願できない可能性もありますが、学区が大丈夫だったとしても同じ系列での併願はできないことになっています。

お受験準備は最新情報を常にチェックしましょう

都内の国立小学校の学区域と併願受験についてご紹介しました。

お受験の準備は本番に向けてだけではありません。このようなお受験に関する情報をつかんでおくこともとても大事です。

今回の学区に関しても今後変わってくる場合もあります。事前調べでは大丈夫だったとしてもお受験をする年に変更となる可能性も0ではありません。

お受験をする人もまだ考え中の人も最新情報だけは常にチェックしていつでも動き出せるような準備をしていきましょう。

∇学区を確認したら次は試験内容を確認してみましょう!お家でできることもたくさんありますよ。

【傾向と対策】国立・私立小学校の試験内容はどんなことをやるの?家で出来ることは何か こんな疑問があれば早いうちに試験内容を把握しておくことが大切です。 小学校入試は高倍率になりやすく、しっかり対策を...
ABOUT ME
ありさん
都内で学習塾の運営に携わっています。仕事上の経験をもとに子育てしています。 2023年、国立小学校に挑戦予定。 小学校受験の情報も書いてます。