教育

幼児教育は思考力を伸ばすがおすすめ【考える力を伸ばす方法】

幼児期の子どもに付けさせてあげたい力といえば何を想像しますか?

運筆?計算力?言葉の力?英語?

色々考えられますが、僕としては「思考力」がダントツで大切な力だと考えています。

思考力、すなわち物事を考える力は就学後の勉強にも繋がりますし、中学受験や高校受験、大学受験、もっと言えば社会人になってからも重宝されるスキルですよね。

日々学習塾で子どもたちと接しているとこの思考力の差が大きいことを痛感し、学力差という大きな問題となっていることがわかります。

でも思考力ってどうやって伸ばすの?

ありさん
ありさん
ちょっとした声かけと意識で思考力を伸ばすきっかけが作れるから大丈夫

我が家でも、運営している学習塾でも意識している思考力を伸ばすポイントを解説していきます。

都内で学習塾を運営している2児のパパ。最新の教育環境を踏まえて幼児教育を実践中

思考力が大切な理由

そもそもなぜ思考力が大事なんでしょうか?

それは思考力がすべての学習につながる土台とも言える力だからです。

何となくイメージは付くと思いますが、子どもたちがこれから学ぶことに対してどの教科でもどの分野でも思考力は必要ですよね。

さらに学校教育は年々、思考力を育む・伸ばす方向にシフトしてきています。

ありさん
ありさん
例えばアクティブラーニングとかプログラミングとか

これからの時代に必要なこと→思考力。

これが今の学校教育の軸になっていると言っても過言ではない状況です。

現に思考力がある子どもはいい成績を取っているのに対して、知識はあるけど思考力がない子は成績がなかなか伸びにくい現状がうちの塾でも見受けられます。

しかし思考力や思考力を伸ばす習慣は年齢が上がるに連れて付けるのが難しくなっていきます。

なので好奇心旺盛で何事にも興味を示しやすい幼児期から思考力を伸ばすことを意識しておくことが大事になってくるのです。

思考力を伸ばす3つのポイント

思考力はすぐに目に見えて伸びていくものではありません。ちょっとずつ変わっていくものです。

なので長い目で見て子どもの思考力を伸ばすという気持ちで日々接していくのがポイントとなります。

その前提で次の3つのポイントを意識してみてください。

子どもに考えさせる

思考力を伸ばすには考えさせる。

当たり前といえばそうなんですが、意外とここができていないことが多いんです。

僕自身も経験ありますが、どうしても先読みしてしまうんですよね。

○○にならないように〜〜してあげよう

これも一種の先読みです。子ども自身が自分の行動を考える前に親が先に示してしまったり言ってしまったり…。

これ、意識してないと結構難しいんですよ。

何か問題を解いているときや子どもから質問されたときは声かけによって考えさせることができます。

ですが、普段の生活では過度に声かけをしてしまうと考える機会を奪ってしまいます。

年齢にもよりますが適度な声かけと普段から自分のことは自分で考えて決めるという意識で接してあげましょう。

間違えを否定しない

子どもの考えや取り組み方、その結果などを否定することも考える力を奪ってしまう原因です。

考える→やってみる→褒められたりリアクションをもらえる→また考えてみる

これはいい循環ですが、

考える→やってみる→否定されたり怒られる→考えるのをやめる

子どもの考えや間違いを否定した先に待っているのはこういうことです。

間違いをおそれ行動ができない、考えることができない。こうなってからでは思考力を育てるのは至難の業です。

もちろんすべてを肯定していくのが正しいわけではありませんが、頑張って挑戦したことや考えたことには否定せず努力や成果、気持ちを認めてあげたいですね。

対話で頭を整理させる

思考力を伸ばす方法として最もおすすめなのが「対話」による頭の整理です。

思考力は頭の中だけで完結するようなイメージがありますが、実はそれだけではまだまだ不十分。

しっかり整理して誰かに伝えられて初めて思考力が発揮できます。もしくは問題を解けて初めて活きてきます。

この考えたことを整理して伝える一連の流れで思考力が育ちます。

  • それってどういうことなの?
  • どうやってやったのか教えて?
  • もっと上手にやるためにはどうしたらいい?

こんな質問が子どもの思考力を伸ばします。

ぜひしっかりと対話させてみてください。はじめはうまく話せなかったり要領がつかめないと思いますが、思考力が育つにつれて見違えていくと思いますよ。

思考力は普段の生活から

思考力を伸ばすには何か特別な対策や行動が必要なわけじゃなく、普段の生活でちょっと意識するだけです。

難しいことではありません。でも意識してないと私たち親も忘れてしまいます。色々偉そうに書いてますが僕自身も意識できていないときが多々あります。

ありさん
ありさん
ついつい言い過ぎちゃったりフォローしすぎちゃったり

一朝一夕で身につくものではないからこそ一度身につけたら人生の武器になります。

だから価値があります。

普段の生活、普段の接し方にプラスαで子どもの思考力をぐんぐんと伸ばしてあげましょう。

ABOUT ME
ありさん
都内で学習塾の運営に携わっています。仕事上の経験をもとに子育てしています。 2023年、国立小学校に挑戦予定。 小学校受験の情報も書いてます。